大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

ウォロDAY
市民目線で「雑誌」をトコトン考えよう!

もっと「読ませるウォロ」に!
もっと「読まれるウォロ」に!
江さんのお話をヒントに、読者と編集委員で考える場を設けました。
それがウォロDAYです。

 →チラシのダウンロード(PDF形式:約3.6MB)

日時

2010年12月11日(土曜日)14時30分〜18時(14時受付開始)

会場

大阪NPOプラザ (大阪市福島区吉野4-29-20)

講師

江 弘毅さん(編集集団140B取締役編集責任者、元「Meets Regional」編集長)
【プロフィール】
大阪府岸和田市に生まれ、だんじり祭で育つ。1989年「Meets Regiona(ミーツ・リージョナル)」誌を創刊。1993年〜2005年編集長。「街的」「街場」という新語を創った「ミーツ」。内田樹、鷲田清一など、多彩でユニークな書き手からもうかがい知れるように、単なる情報誌やタウン誌のみならず、文芸誌的なニュアンスを持つ雑誌として注目を浴びる。2006年、京阪神エルマガジン社退社後、編集集団140Bを設立。近著に『街場の大阪論』(新潮文庫)、『「街的」ということ〜お好み焼き屋は街の学校だ』(講談社現代新書)、『ミーツへの道「街的雑誌」の時代』(本の雑誌社)など。

プログラム

第1部:講演「街の物語をつくる−ヒトと情報−」
第2部:編集委員との座談会「江さん、『ウォロ』を斬る」
第3部:参加者との意見交換会

定員

50名(先着順。定員になり次第、締め切ります)

参加費

定期購読者500円、一般1,500円(当日、定期購読申込者は500円)
※定期購読者の方は、直近の『ウォロ』をお持ちください。

申込方法

「ウォロDAY 参加申込み」よりお申込みください。

主催

社会福祉法人大阪ボランティア協会

市民活動総合情報誌「ウォロ」とは?

1966年に発刊された日本でもっとも歴史があるボランティア・NPO/NGO活動の総合情報誌。常に時代の一歩先を読み、新しい課題の発見や提言に努めるオピニオン誌です。

問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会 担当:金治
〒553-0006 大阪市福島区吉野4-29-20大阪NPOプラザ100号
電話:06-6465-8391(代表)、ファックス:06-6465-8393
Eメール:office@osakavol.org

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2−20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996,2010 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.