大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

阪急阪神沿線のまちづくりを応援する
「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」第12回市民団体助成プログラム
(主催:阪急阪神ホールディングス グループ)

ごあいさつ
 わたしたちは、「『安心・快適』、そして『夢・感動』をお届けすることで、お客様の喜びを実現し、社会に貢献する」ことをグループ経営理念として事業活動に努めています。この経営理念のもと、社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、2009年より「未来にわたり住みたいまち」づくりに向けたグループ社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」を推し進めています。さらに、本年5月には持続可能な社会の実現に向け、グループの今後の取組みの方向性を示すものとして「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」を策定。これに基づき、お客様や地域社会・株主様・お取引先・従業員などのステークホルダーの皆様との信頼関係を構築していく所存です。
 「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」発足当初より行っているこのプログラムは、阪急阪神沿線で「地域環境づくり」や「次世代の育成」に取り組む市民団体の皆様への助成を行うことで、それを契機にまちを支えるパートナーとして協働を深めていきたいと考え実施しております。
 皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。

阪急阪神ホールディングス グループ

※「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」第12回市民団体助成プログラム チラシのダウンロード(PDF形式:約1.5MB

本プログラムの特徴

阪急阪神沿線に特化した市民団体助成プログラム
当社グループ発祥の地「阪急阪神沿線」の市町で活動されている市民団体へ助成することで、より地域の発展につながる活動を支援します。

助成金は使途自由で、運営資金にも利用可
助成金の使途は自由で、既存事業・新規事業いずれの運営資金にも利用可能とするなど、市民団体にとって使いやすくしています。

グループ従業員の募金を基にした助成金
従業員有志の募金による「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」の積立金に、当社が同額を上乗せして助成します。

広報PRもお手伝い
沿線情報紙「TOKK」や従業員向けの情報発信を通じて、団体の活動やイベント情報を広報PRします。

助成の目的

 「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」では、当社グループの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」が目指す、「未来にわたり住みたいまち」づくりを共に推進してくださるパートナーとして、阪急阪神沿線の市町で活動する市民団体への助成を行っています。
 一方で、2015年9月の国連サミットで採択され、2030年までの達成を目指す持続可能な開発目標「Sustainable Development Goals(以下、SDGs)」では、さまざまな社会課題を解決するために17の目標が掲げられており、そのうち、「4.質の高い教育をみんなに」「11.住み続けられるまちづくりを」は、当社グループの「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の重点領域と重なります。また、「17.パートナーシップで目標を達成しよう」という実施手段を重視する点で、本助成プログラムが大切にする「市民団体の皆様との協働による課題解決」と方向を同じくするものです。
 そこで、沿線地域で活動する市民団体のうち、上記SDGsの達成を意識し、「未来にわたり住みたいまち」づくりを共に推進してくださる市民団体への助成を行います。

募集分野

以下の「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の重点領域 (※外部サイトが開きます)のいずれか一つ以上の分野に取り組み、「SDGs」の「4.質の高い教育をみんなに」もしくは「11.住み続けられるまちづくりを」の達成を意識して活動している市民団体を募集します。

A「地域環境づくり」
地域コミュニティが、安全・安心かつ文化的で環境に配慮しながら発展する、持続可能なまちづくり
B「次世代の育成」
未来の地域社会を担うこども達が、夢を持ち、健やかに成長する機会づくり

募集部門

団体助成部門
募集分野に関わる地域・社会の課題に取り組むすべての団体を対象とします。団体の支出規模は問いません。ただし、過去に本助成プログラムから助成を受けた団体はご応募できませんのでご了承ください。
事業助成部門
今回、公募はいたしません。
※現在、事業助成部門として継続して助成している団体のみを対象とします。

助成対象団体の要件

阪急阪神沿線を活動フィールドとし、設立から3年以上経過する非営利の市民団体
※詳細は募集要項をご確認ください。

応募受付期間

2020年9月1日(火曜日)〜10月16日(金曜日) ※消印有効、持込不可

助成期間

1年間(2021年4月1日〜2022年3月31日)

助成額

1団体あたり50万円
*助成金の使途は問いません。既存事業・新規事業いずれの経費にも使えます。事業の経費だけでなく、組織そのものの運営を支える経費や人件費等にも利用可能な助成金です。
*助成プログラムの大半は、申請団体が実施する特定の事業の必要性・効果等を審査し、助成を決定する「事業助成」です。事業助成では、助成対象となった事業に関連する経費への支出しか認められないのが通常です(間接経費を認める場合もあります)。

助成対象団体数

10団体程度
*分野ごとの助成対象団体数は、応募状況によって決定します。

よくあるQ&A集

よくあるご質問をまとめた「よくあるQ&A集」を、事前にご覧になってからご応募ください。

募集要項・申請書のダウンロード

「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」第12回市民団体助成プログラム
※詳細の要件等は、必ず募集要項をご確認ください。

募集要項(PDF形式:約800KB
申請書【様式1】(WORD形式:約35KB)(PDF形式:約230KB
申請書【様式2】(WORD形式:約35KB)(PDF形式:約240KB
記入例【様式1】(PDF形式:約250KB
記入例【様式2】(PDF形式:約440KB

※PDF形式のファイルをご利用になるためには、「Adobe Reader」が必要です(※外部サイトが開きます)。

募集説明会について

今年度は、募集説明会を開催しません。
基金の概要や申請書の書き方等を解説する動画を以下に掲載しています。記入にあたってご留意いただきたい点もお伝えしていますので、申請前になるべくご視聴ください(動画約30分)。

 また、「よくあるQ&A集」もよくご確認ください。

 ご質問がある場合は、以下のフォームからお問合せください。
<阪急阪神 未来のゆめ・まち基金 第12回 質問フォーム>



お問合せ

■助成事務局:(社福)大阪ボランティア協会 担当:市居(いちい)・江渕(えぶち)
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS(キャンバス)谷町」
電話:06-6809-4901(月曜日〜土曜日10時〜18時)、ファックス:06-6809-4902
メール:yumemachi@osakavol.org

■主催:阪急阪神ホールディングス グループ

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

Copyright 1996 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.