TOP
大阪ボランティア協会の案内
市民活動総合情報誌『ウォロ(Volo)』
『ウォロ』ご購入・定期購読のお申込み
バックナンバー
TOP > 大阪ボランティア協会の案内 > 市民活動総合情報誌『Volo』 > バックナンバー

市民活動情報誌『Volo(ウォロ)』バックナンバー一覧 『Volo(ウォロ)』TOPに戻る
『Volo(ウォロ)』2011年
No. V時評 特集 この人に
2011年9月号
通巻468号
情報共有で阻む“神話”の流布 2012年問題・・・?高齢期を迎える団塊世代と3・11以降の日本社会 赤星憲広さん
2011年7・8月号
通巻467号
ミスマッチを受け止める力は自発性から 思いをつなぐ機関としての災害ボランティアセンター 野田燎さん
2011年6月号
通巻466号
フツーの市民の無頼性について 学生ボランティア@関西 若い力で被災地を支える 早川信夫さん
2011年5月号
通巻465号
寄付の力を信じよう 被災者主体、震災に立ち向かう市民たち 白井文さん
2011年4月号
通巻464号
東北地方太平洋沖地震 ボランティア・NPOをめぐる動きと課題 公園の野良猫保護活動がもたらしたもの 趙博さん
2011年3月号
通巻463号
無縁社会から知縁社会へ−地域社会と「職域」社会の融合 NPOのための「新しい公共」入門 藤田丈さん
2011年1・2月号
通巻462号
批判・提案力に加えて、調整力も あしたのコミュニティFM 徳永進さん
『Volo(ウォロ)』2010年
No. V時評 特集 この人に
2010年12月号
通巻461号
警察・検察の不祥事を契機に冤罪について考える わかりにくい“障害”‐発達障害の自助と支援 徐勝さん
2010年11月号
通巻460号
「震災障害者」の存在を通して見えてくるもの “共生・地域文化大賞”にみる…お寺と市民活動の熱い関係 伊奈かっぺいさん
2010年10月号
通巻459号
「行政委嘱ボランティア」のゆくえ 100歳以上高齢者不明問題と民生委員 JCという名の社会貢献 五世 井上八千代さん
2010年9月号
通巻458号
「わかりやすさ」が抱えるコワさ 公共とは何か、に斬り込む「事業仕分け」 「オンブズマン」という市民活動 山田洋次さん
2010年7・8月号
通巻457号
「市民運動出身」の首相に期待するもの NPO法人の会計って、どう変わるの? 湯浅誠さん
2010年6月号
通巻456号
市民活動団体の事務局長の役割 中南米からのニューカマーを支援する 二代目森乃福郎さん
2010年5月号
通巻455号
共感の縁えにしを築く市民活動 分権改革は市民自治を活性化するか? タン・ミッシェルさん
2010年4月号
通巻454号
ソーシャルメディアと民主主義 若者吸引計画 笑福亭銀瓶さん
2010年3月号
通巻453号
白紙委任をしないために 花子と太郎の「公益法人制度改革」大研究 竹下景子さん
2010年1・2月号
通巻452号
揺らぐボランティア 権利と義務の間で <ボランティア・市民活動>目線でみる『作品』の中の彼・彼女 林幸治郎さん
『Volo(ウォロ)』2009年
No. V時評 特集 この人に
2009年12月号
通巻451号
「巻き込まれる」ことの意味 市民活動における「農」のあたらしいかたち 立原啓裕さん
2009年11月号
通巻450号
ボランティアコーディネーション力検定が意味するもの 記録は、人の中にこそ 姫田忠義さん
2009年10月号
通巻449号
ボランタリズム研究所が目指すもの ベーシック・インカムがやってくる! 大石芳野さん
2009年9月号
通巻448号
変革の担い手はだれ? ネット社会における市民活動の選択肢 渡辺りえこさん
2009年7・8月号
通巻447号
「最後は役所にお任せ」は、もう止めよう 献体 最後のボランティア 新聞女★西沢みゆきさん
2009年6月号
通巻446号
漂流するボランティア 〜ボランティアの兼業と越境の勧め 「見る」戦争体験 〜その市民的活用法 柴田昌平さん
2009年5月号
通巻445号
寄付が進める信じ合える社会づくり 「検定」という市民運動 折本慶太さん
2009年4月号
通巻444号
もっと議論を! もう一つの民意の回路「討議デモクラシー」 若き市民のソーシャル・アクション 大田昌秀さん
2009年3月号
通巻443号
「隔離されたテーマパーク」で 「批判」と「共感」@市民創出メディア 雨宮処凛さん
2009年1・2月号
通巻442号
ワーク・ライフ・バランスを考える 神戸 あの日から14年 文化・アートのバトンを継ぐ人たち 永田宏和さん
『Volo(ウォロ)』2008年
No. V時評 特集 この人に
2008年12月号
通巻441号
「怪しいお金」は寄付で活かそう 反貧困・動きはじめたプレカリアート レイハン・パタールさん
2008年11月号
通巻440号
金融危機と国民総幸福(GNH) ニュータウンの栄と枯と 東志津さん
2008年10月号
通巻439号
日本でも「サードセクター」の結集を ザ・社会福祉協議会 この不可思議なる多面体 上村淳之さん
2008年9月号
通巻438号
大学の社会的責任(USR)を問う〜障害者雇用率という観点から 学校で取り組む市民教育 佐竹紀美子さん
2008年7・8月号
通巻437号
やはり「連帯」以外に道はない マンガで市民活動! 「絵」のエンパワメント力はスゴイのだ 森達也さん
2008年6月号
通巻436号
呼びかけに応えて志を受けつぐ キャンパスはまちのなか!学生たちのまちづくり 森西真弓さん
2008年5月号
通巻435号
不安が人を惹ひきつける 「自治」と市民セクター座談会:われわれはどうしたら市民自治が実現できるのだろう 綿井健陽さん
2008年4月号
通巻434号
「高齢当事者運動」の大きなうねりを! 「ウォロが選ぶ三ツ星」連載50回記念 市民活動の"アフターファイブ" 福島菊次郎さん
2008年3月号
通巻433号
成年後見とNPO 〜権利回復のための総合力 寄付が支える市民社会作りへ 〜認定NPO法人制度創設の歩みと寄付の意味 澤 功さん
2008年1・2月号
通巻432号
「労働」があぶない〜人並の生活があってこその市民活動 共感シネマ〜銀幕に集う市民たち 池田節夫さん
『Volo(ウォロ)』2007年
No. V時評 特集 この人に
2007年12月号
通巻431号
光母子殺害事件と裁判員制度〜浮かび上がる市民参加の課題 「自殺対策基本法」をつくった市民たち 西村いつきさん
2007年11月号
通巻430号
「賢者の裁定」か「寄付努力の評価」か COP3から10年目、京都は今、どう動いているか? 伊勢真一さん
2007年10月号
通巻429号
寄付のしやすい社会を目指して 知っていますか?『移動制約者』 −高齢者・障害者・子育て家庭の移動保障と市民サポート− 上遠恵子さん
2007年9月号
通巻428号
参議院選挙のあとで 徹底取材「プルタブ集めて車イスを贈ろう」運動は、なぜ広がるのか?! 伊藤千尋さん
2007年7・8月号
通巻427号
安易な公務員叩き、ちょっと待った ホントに自立?ホントに支援?障害者自立支援法の課題と市民のかかわり 藤木勇人さん
2007年6月号
通巻426号
ボランティアって言うな 書を携えて、街に出よう! 佐竹保雄さん
2007年5月号
通巻425号
危うさ伴う「有償ボランティア」 ボランティアコーディネーションの「現場」は何を語ったか 笑福亭學光さん
2007年4月号
通巻424号
「自治の拡充」こそ、中間支援の仕事 この春、異文化の扉をノックしてみよう!〜留学生を支援する市民活動 チャールズ・ワードさん
2007年3月号
通巻423号
ワクワクする集団となるために がんばれ!公民館 〜市民セクターとの協働が未来を拓く 斉藤とも子さん
2007年1・2月号
通巻422号
団塊世代と二ューエイジング 〜高齢前助走のおすすめ アニマル・レスキュー〜動物たちの苦難を自らのものとせよ 松居友さん
『Volo(ウォロ)』2006年
No. V時評 特集 この人に
2006年12月号
通巻421号
空疎な言葉で子どもは育ちますか? 「市民事業」の広がり〜商品・サービスの価値を高める姿勢から見えるもの 金満里さん
2006年11月号
通巻420号
「異質排除」を排するために 耕す人、支える人 農でつながる市民活動 寺井種伯さん
2006年10月号
通巻419号
個人情報保護で萎縮する市民活動 自転車は厄介ものか? 川村旭芳さん
2006年9月号
通巻418号
巻き込まれながら巻き返すために 障害者市民運動の昨日・今日・明日 大阪「誰でも乗れる地下鉄をつくる」運動から30年 香山リカさん
2006年7・8月号
通巻417号
「CSR」が支えるCSR 市民創出メディアの銀河系 金香百合さん
2006年6月号
通巻416号
水俣病患者支援をこれからも 「語る」ということ〜戦争・震災を語り継ぐ活動から アキノイサムさん
2006年5月号
通巻415号
寄付とは参加である 子どもと共に生きる。未来を創る。 佐古和枝さん
2006年4月号
通巻414号
ハリケーン・カトリーナが語るもの 市民セクターが問いかける これからのCSR(企業の社会的責任) 平田オリザさん
2006年3月号
通巻413号
ネットにおける市民創出メディア(CGM)のチカラ 躍進せよ! 大学ボランティアセンター 朝井翔二さん
2006年1・2月号
通巻412号
「依存力」ということ 〜ドラッカー氏逝去の報にふれて 「セルフヘルプグループ」を考える 〜当事者だからできるヒューマンサービス 梶田真章さん
『Volo(ウォロ)』2005年
No. V時評 特集 この人に
2005年12月号
通巻411号
「市民セクター」再考
 〜みんなでソリューションを模索しよう!
アートとNPOの交差点 宮城聰さん
2005年11月号
通巻410号
課題の海に船をこぎ出そう
〜大阪ボランティア協会40周年を迎えて
60’s後半の意味とスタイル 林同春さん
2005年10月号
通巻409号
総選挙結果で考えた市民活動の今後 市民調査の醍醐味
リサーチ=アクションのススメ
佐藤浩希さん
2005年9月号
通巻408号
NPOが内在する「優れた非効率性」−戦後60年によせて 国際化、隣は何をする人ぞ?」ではいられない!
地域で暮らすパートナー「外国人」とともに
辻公雄さん
2005年7・8月号
通巻407号
「ボランティア」「NPO」商標登録、取消決定の意味 より遅く、より近く、より楽しく
〜市民の「スポーツ」が切り拓くもの
きくちゆみさん
2005年6月号
通巻406号
市民としての判断〜JR西日本脱線事故から 当世「平和運動」考 窪島誠一郎さん
2005年5月号
通巻405号
「ニセ募金」を駆逐するには 市民活動にもっと「ファシリテーション」を! 木場大輔さん
2005年4月号
通巻404号
「アマチュア主権」と「プロアマ革命」 アクティブ・シニアはどこへ行く 向谷地生良さん
2005年3月号
通巻403号
「不幸産業」ということ インド洋大津波 〜大災害に市民社会は 山本譲司さん
2005年1・2月号
通巻402号
阪神・淡路大震災から十年 2010年「市民」の旅 森ア東さん
『Volo(ウォロ)』2004年
No. V時評 特集 この人に
2004年12月号
通巻401号
「奉仕活動義務化」への懸念 市民活動のコピー力&デザイン力 吉岡数子さん
2004年11月号
通巻400号
『Volo』400号を迎えて 『月ボラ』『Volo』400号記念特集
パート1:震災ボランティアからNPOの世紀へ
〜特集に見るボランティア・市民活動 この10年の歩み
パート2:35年間の「V時評」を読む
高野孟さん
2004年10月号
通巻399号
「活用」ではなく「自己変革」を 市民活動とエンターテイメントの力 石井裕子さん
2004年9月号
通巻398号
オリンピックボランティアの自負心 指定管理者制度はNPOにどのような影響があるのか
−市民主体の制度活用のために条例や協定に盛り込む留意点
北川正恭さん
2004年7・8月号
通巻397号
愛して叱る ― 田代正美さんが遺したもの ゆさぶられる男女平等 ― ゆりもどしの現状を探る 坪谷令子さん
2004年6月号
通巻396号
市民と政治の距離を縮めよう 会員互助型・非営利有償サービスのゆくえ〜流山裁判から 槙坪夛鶴子さん
2004年5月号
通巻395号
市民活動の意義を否定する「自己責任論」 第1特集:コンピュータ・ネットワークでつながる市民
第2特集:情報は誰のものか?
鎌田 實さん
2004年4月号
通巻394号
児童虐待事件の多発に思う―子どもの権利条約批准10周年に当たって 第1特集:「CSR」の広がり
第2特集:CSRに関わる市民たち
五嶋 みどりさん
2004年3月号
通巻393号
「後継者」はいらない!? 地方議会と市民、NPOとの新たな関係づくり 萱野 茂さん
2004年1・2月合併号
通巻392号
あなたの町にも“なぎさ”のコミュニティを 1.対談『月刊むすぶ』編集長×『Volo』編集長 
−ヒューマンメディアとしての市民活動誌を語る

2.市民の小さいメディアにかけた人生 丸山尚さん
―住民図書館とともに生きた四半世紀
佐野眞一さん
『Volo(ウォロ)』2003年
No. V時評 特集 この人に
2003年12月号
通巻391号
ボランティアと緑綬褒章 NPO法5年
何を変えたか課題はナンダ
有森裕子さん
2003年11月号
通巻390号
「私にお任せを」には任せない  介護系NPOのいま
〜制度外のサービス提供や権利擁護活動などに特色
スペル・デルフィン選手
2003年10月号
通巻389号
NPO法の「功罪」 旅の思い出にボランティア活動?
〜修学旅行先での体験学習〜
浅岡美恵さん
2003年9月号
通巻388号
活動を選び取るために自らの「棚おろし」を 市民活動における「聴く」ことの大切さについて 林雄二郎さん
2003年7・8月合併号
通巻387号
「NPO商標登録」をどう考えるか 市民とメディアリテラシー
〜イラク戦争報道をどう読み解くか
石坂啓さん
2003年6月号
通巻386号
マスターズの挑戦 ちょっと軽めの“市民活動とことば”考 池澤夏樹さん
2003年5月号
通巻385号
「勝手にライバル」の勧め 「商店街」は一周遅れのトップランナーか?
―まちづくり・市民活動と商店街―
加藤登紀子さん
2003年4月号
通巻384号
地方分権がノーマライゼーションを阻害する! 自前のルールを! NPOの個人情報保護 木村佳友さん&介助犬シンシア
2003年3月号
通巻383号
「できることなら、するよ」ということの意味 協働から自治へ
− 市民活動推進の施策づくりにみる市民と行政の協働
平松愛理さん
2003年1・2月合併号
通巻382号
『月刊ボランティア』から『Volo』へ 市民のウォロ
“志す市民”による新しい社会像を求めて
大平光代さん
『月刊ボランティア』2002年
No. V時評 特集 この人に
2002/12月号
通巻381号
「結局、何も変わらない」を 変えるには 中高年企業人、退職者を市民活動へ
マッチングするには?
〜マスターズ世代へのひとつの生き方の提案とその支援のあり方
柏木哲夫さん
2002/11月号
通巻380号
より一層のバリアフリー社会の実現を 体験活動にかかわるすべての人へ
〜よりよいプログラムつくりは相互理解から
渡辺 貞夫さん
2002/10月号
通巻379号
「テーマ限定」が広げるネットワーク 支援費制度を考える。
〜当事者・事業者・行政それぞれの思い
オクタビオ・ガマラ さん
2002/9月号
通巻378号
「社長の道楽」の勧め クラシック音楽界のNPO活動 森まゆみさん
2002/7・8月合併号
通巻377号
なぜ今、「エンパワメント」なのか? 命のボランティアへの関わり方
骨髄バンクというチャンスを通じて
星野昌子さん
2002/6月号
通巻376号
自治の担い手を育てる体験活動へ ビッグイベントの市民参加を考える 立松和平さん
2002/5月号
通巻375号
有権者として、
寄付者として問われる「市民」
NPO支援センターの新たな あり方への挑戦
〜「大阪NPOプラザ」で何が始まる!?〜
大谷昭宏さん
2002/4月号
通巻374号
NPO支援の新しい形
−大阪NPOプラザ開設に寄せて
書く力 書く参加
−新たなる市民社会の「ちから」 市民ライター
石弘之さん
2002/3月号
通巻373号
再度、市民自治を 学校に行かないとダメですか? 中村哲さん
2002/1/2月合併号
通巻372号
高齢者の自己実現 「自分らしい」の先に見えるもの 小長谷有紀さん
『月刊ボランティア』2001年
No. V時評 特集 この人に
2001/12月号
通巻371号
意図と効果の関係 ワークショップ:“深い民主主義”を可能にする方法論 大村崑さん
2001/11月号
通巻370号
ソーシャルワーカー養成と市民活動 「同時多発テロ事件」への取り組みに見る市民のIT活用 福原義春さん
2001/10月号
通巻369号
「流されない」向き合い方 地域の財産です!
〜作業所の進む道〜
千住真理子さん
2001/9月号
通巻368号
抵抗勢力 会費・寄付金確保大作戦 堀田力さん
2001/7,8月合併号
通巻367号
運動とは事務なり 大学の授業における「ボランティア活動」
〜受け入れ側との協働は?〜
山田太一さん
2001/6月号
通巻366号
二段階目の始まり セルフヘルプグループからのメッセージ
〜多様な市民社会がおもしろい!〜
紺野美沙子さん
2001/5月号
通巻365号
挑戦する取り組みを支えるもの ボランティア選挙が、市民を育てる 三井マリ子さん
2001/4月号
通巻364号
「奉仕活動の義務化」はやはり間違っている 医療を変える−患者・市民としてできること 伊藤真さん
2001/3月号
通巻363号
修正主義的活動の勧め 犯罪被害者への支援活動 村田幸子さん
2001 /1・2月合併号
通巻362号
全国ボランティアコーディネーター研究集会2001の開催に際して 編集部座談会
好縁は21世紀のキーワードになりうるか?
平成12年度版国民生活白書を読む
桂三枝さん
『月刊ボランティア』2000年
No. V時評 特集 この人に
2000 /12月号
通巻361号
新世紀、市民社会はどこへ行く 市民活動団体と企業のパートナー作りに向け 辛淑玉(しん すご)さん
2000 /11月号
通巻360号
「免罪符として社会奉仕活動」の功罪 奉仕活動の義務化−私はこう思う 二谷英明さん
2000 /10月号
通巻359号
奉仕活動をしないと罰せられる社会!? 市民活動を活発化する
税制を創ろう!
ジェフ・バーグランドさん
2000 /9月号
通巻358号
行政からの「委託」をどう考えるか 「ボランティア課」や「もったいない課」のある会社 遥(はるか)洋子さん
2000 /7・8月合併号
通巻357号
「JVCA」設立の意味 学校をひらく
地域の教育力−ボランティアの可能性と展望
姫野雅義さん
2000 /6月号
通巻356号
経営に参画するボランティア NPO職員の労働問題 森祐理さん
2000 /5月号
通巻355号
「公共」とは「公開」の世界 脱“お客さん市民”のススメ KONISHIKIさん
2000 /4月号
通巻354号
広がる住民投票請求の動きに思う 介護保険とボランティアの関係 河合雅雄さん
2000 /3月号
通巻353号
「気軽に、楽しく」を超えて ゲストから市民へ
多文化共生社会に生きるひとりひとりができること
近藤正臣さん
2000 /1・2月合併号
通巻352号
家をひらき、施設をひらく文化を NPOの核にいるのはボランティア 中坊公平さん
『月刊ボランティア』1999年
No. V時評 特集 この人に
'99 /12月号
通巻351号
「動員」脱却の戦略 よきフォロワーのいない市民団体はアブナイ!? 遠藤順子さん
'99 /11月号
通巻350号
介護保険制度下のボランティアの役割 『月ボラ』って何モノなんだ! マルセ太郎さん
'99 /10月号
通巻349号
去る人たちに慰労と感謝を 市民活動を支える郵便料金割引制度を作ろう! 小林つとむさん
'99 /9月号
通巻348号
「支援者」とつながるための「評価」 大学とボランティア活動のビミョーな関係 赤井英和さん
'99 /7・8月合併号
通巻347号
「サービス」と「ボランティア」の間 知的障害をもつ人とのパートナーシップ
ピープルファーストを目指すそれぞれの仲間たち
堀内正美さん
'99 /6月号
通巻346号
NPO法人“不認証”の勧め ボランティアグループの健康診断しませんか? 富野暉一郎さん
'99 /5月号
通巻345号
NPO支援とボランティア推進の関係 福祉施設は教材か!?
ボランティア・実習・介護等体験に見る現在の「風」
尾車浩一さん
'99 /4月号
通巻344号
「五体不満足」の読み方 ボランティア・コーディネーターを根づかせよう!
〜その戦略と課題〜
戸田奈津子さん
'99 /3月号
通巻343号
荷物がなくなって気づいたこと NPOへの就職希望者に贈る「もうひとつの就職」ガイド
〜職場としてのNPO像〜
山沖之彦さん
'99 /1・2月合併号
通巻342号
おまかせ文化考 月ボラ流 市民活動カレンダー  
『月刊ボランティア』1998年
No. V時評 特集 この人に
'98 12月号
通巻341号
NPO経営とJリーグの関係 今、釜ヶ崎のボランティアたちは? 渡哲也さん
'98 11月号
通巻340号
「市民活動市場」を作ろう! 絶対神話からの脱却
専門家がボランティアするということ
ジョージ・フィールズさん
'98 10月号
通巻339号
黒澤明監督が遺したもの 不況とボランティア
〜ピンチをチャンスに切り替えて〜
河合隼雄さん
'98 9月号
通巻339号
地道な活動を支える「夢」の力 (1)祈っているだけではダメ?宗教の中のボランテイア!
(2)仏教とボランティア 高橋卓志さん
河野 義行さん
'98 7・8月合併号
通巻337号
学生にとっての活動の場
−キャンパスに目を向けてみよう−
政治活動もボランティア!?
−政治参加のあの手この手−
中丸三千盾ウん
'98 6月号
通巻336号
法人化を考えることの意味 やっぱりボランティアは勤労奉仕より素敵! 原田伸郎さん
'98 5月号
通巻335号
状況から逃げないということ
 〜イベントボランティアの意味〜
「市民と作るがキーワード」社会教育施設におけるボランティアマネージメント
〜「人と自然の博物館」ケースが示唆するもの〜
龍村仁さん
'98 4月号
通巻334号
「自前主義」ノススメ   花子と太郎のNPO法論議 やっぱり,これは大事件だ!?
付録 これがNPO法だ!「特定非営利活動促進法」(全文)
東ちづるさん
'98 3月号
通巻333号
「もう3周まわっています・・・」 小中学校教員免許取得のための「介護等の体験」についてモノ申す 石井めぐみさん
'98 1・2月合併号
通巻332号
「教育改革」とボランティア活動 新春特別企画  「ボランティア百人一首」 俵万智さん
『月刊ボランティア』1997年
No. V時評 特集 この人に
'97 12月号
通巻331号
「NPO法案」は、今国会で成立を! 環境ボランティアに見る
−ボランティア活動のへそ−
中田武仁さん
'97 11月号
通巻330号
行政改革とNPOの熱い関係 追い風?向かい風?介護保険 タケカワユキヒデさん
'97 10月号
通巻329号
「嫌だったらやめればよい」ということ 「自分探求」私に響いたこの一冊・「書籍探求」出版・書籍業界に聞くボランティア本の動向 山崎章郎さん
'97 9月号
通巻328号
市民活動も「経営」の時代 好きでもないボランティアをがんばって
〜活動から、どんどん「毒」が消えていく〜
坂田利夫さん
'97 7・8月合併号
通巻327号
「犯人は少年」の衝撃 市民プロデューサーはこれからが旬! 天野祐吉さん
'97 6月号
通巻326号
「市民活動促進法案」今国会成立要請の論理 ボランティアに参加する7の心得
〜勇気を出せば、人生が変わります〜
 
'97 5月号
通巻325号
「ボランティア、帰って」の意味 政治と向き合う市民活動
「市民活動を支える制度を作る会C's」の取り組み
江川紹子さん
'97 4月号
通巻324号
襟を正して 花ざかり ボランティア授業 C・W・ニコルさん
'97 3月号
通巻323号
「市民が主役」の社会とは 重油災害ボランティア!
受け入れること、受け入れないこと,
現地の判断とその影響
向井承子さん
'97 1・2月合併号
通巻322号
市民社会の創造とボランティア協会の役割 ボランティア・NPOが開く市民社会
日本NPOセンター設立記念フォーラム
「これからの社会とNPOの役割」から
ポール・牧さん
『月刊ボランティア』1996年
No. V時評 特集 この人に
'96 12月号
通巻321号
「民」の規制から「官」の規制へ あなたも作ろう、あなたも支えようセルフヘルプグループ
「悩み」が結ぶ新しい出会い
加瀬邦彦&ザ・ワイルドワンズさん
'96 11月号
通巻320号
パートナーシップで築く  「豊かな高齢社会」 ビッグ・イベントにおけるボランティア
"無償" が落とし穴
実はボランティアには "コスト" がかかる
柳田邦男さん
'96 10月号
通巻319号
投稿する前に考えたいこと
違いを認め合う社会に向けて
アパルトヘイトから民主化への南アへ
−世界ボランティア会議・南アフリカ大会
豊原ミツ子さん
'96 9月号
通巻318号
みんなでやろう「少し寅さん」 「市民社会」を築くボランティアたち 平尾誠二さん

Volo(ウォロ)は大阪ボランティア協会が発行する 市民活動総合情報誌であり、オピニオン誌です。
『月刊ボランティア』創刊1966年。『Volo(ウォロ)』と誌名を変更して2003年新創刊。一貫して「市民が主体的に関わることの大切さ」を伝えてきました。分野・セクターを越えた社会的課題に市民がいかに関わるかを独自のアプローチでタイムリーに発信しています。