大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ウォロTOP
最新号のご案内

オピニオン
V時評

バックナンバー
ご紹介

定期購読について

ウォロについて

大阪ボランティア協会TOP

市民活動総合情報誌『ウォロ』

ボランティア・NPOをもう一歩深く! 大阪ボランティア協会が発行する市民活動総合情報誌です。 定期購読は、1年間3,000円(送料込み)。バックナンバーは、1冊500円(送料込み)です。

NEW!『ウォロ』創刊50周年・キャンペーンのご案内【定期購読】のお申し込み

新規購読のお申込みはこちらから

NEW!2016年10・11月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集】 ・・・1
子ども食堂の今とこれから

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】・・・12
一番奥の集落へ、聞きに行く 〜こたえは、地域にあり
 安藤周治(ひろしまNPOセンター 代表理事)

【ソシオロジックフォーカス〜社会学の視点で世相を深読み】・・・13
街の風景を変えた法律
 大山小夜(金城学院大学教授)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】・・・14
「ソーシャルインパクトボンド」って?

【V時評】・・・15
1.社会福祉法人制度改革
   ボランティア・NPO関係者にとっての意味
2.地方議会を今こそ「市民活動」に

【マーケティングは愛だ−NPOのための入門講座】・・・17
働きかける相手を見極める!
 長浜 洋二(株式会社PubliCo(パブリコ)代表)

【現場は語る。〜コーディネートの現場から】・・・19
変革を創造する若者の力
 岩井俊宗(とちぎユースサポーターズネットワーク 代表理事)

【市民活動の暦(こよみ)〜10月、11月にあったこと 】・・・22
50年前……総評の呼びかけで全国の労働組合が「ベトナム反戦統一行動」実施
70年前……滋賀県で「近江学園」設立

【ウォロ'sトピック】・・・23
1.地域と学生との「カベ」を乗り越えて、より良い関係をつくるために
 『学生と地域のホンネ〜大学のコーディネーション力を生かす〜』
2."知縁社会"への扉、山村サロン閉館

【この人に】・・・25
 小河 光治さん(公益財団法人あすのば 代表理事)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】・・・27
「つづきの村」/『ふたりの桃源郷』/書籍紹介

【アートで市民活動−マチ・ヒト・ココロを元気にする Community Art】・・・29
小泉八雲セット
 高嶋敏展(写真家、アートプランナー)

2016年8・9月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集】 ・・・1
被災コミュニティと宗教 風土を知り、未来へつなぐ

【東日本大震災】・・・11
福島に伝わる民俗芸能を覚えて残したい
 掃部 郁子(フリーランスライター、NPO法人うつくしまブランチ理事)

【ソシオロジックフォーカス〜社会学の視点で世相を深読み】・・・12
合わせること、分かれること
 笠井 賢紀(龍谷大学社会学部専任講師)

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】・・・13
NPO運営と中間支援活動の間で
 遠矢家永子(SEAN副理事長・事務局長)

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】・・・14
「チーム学校」って?

【V時評】・・・15
1.里山資本主義と里海資本論に寄せて
2.「憎悪の出会い」とならないために - 障害者施設入所者殺傷事件に思う

【マーケティングは愛だ−NPOのための入門講座】・・・17
現状を把握する!
 長浜 洋二(株式会社PubliCo(パブリコ)代表)

【現場は語る。〜コーディネートの現場から】・・・19
熊本地震で見えた 災害時の介護支援
 小林 政夫(南阿蘇ケアサービス(臨時)ボランティアコーディネーター)

【市民活動の暦(こよみ)〜8月、9月にあったこと 】・・・22
40年前……大阪で「誰でも乗れる地下鉄をつくる会」結成
120年前……「孤児教育院」設立

【ウォロ'sトピック】・・・23
ダッカ襲撃事件を受けて、国際協力NGOは今

【この人に】・・・25
 木村 草太さん(憲法学者、首都大学東京 教授)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】・・・27
「メリーゴーランド京都」/『増田進 患者さんと生きる』/書籍紹介

【アートで市民活動−マチ・ヒト・ココロを元気にする Community Art】・・・29
わたすルーム
 大都会のなかで、小さな、ごく小さなコミュニティを育む上映会のこと
 小川直人(せんだいメディアテーク)

2016年6・7月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集】 ・・・1
主権者教育 市民の手で開く政治の扉

【熊本地震活動報告】・・・10
見過ごされがちな【スペシャルニーズ】に市民参加を
 岡村 こず恵(大阪ボランティア協会)

【ソシオロジックフォーカス〜社会学の視点 で世相を深読み】・・・11
「おそ松さん」とふたごモチーフ
 越智 祐子(名古屋学院大学経済学部講師)

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】・・・12
昔「参加体験型の学習」、そして今「アクティブラーニング」
 川嶋 直 (公益財団法人日本環境教育フォーラム理事長)


【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】・・・13
「スラップ(SLAPP)」って?

【ウォロ'sトピック】・・・14
NPO 支援センターは誰のため、何のため? ―2015年度NPO支援センター実態調査結果から
 椎野 修平(認定特定非営利活動法人日本NPOセンター特別研究員)


【V時評】・・・15
さあ、「問答」を始めよう ―参院選を前に

【マーケティングは愛だ−NPOのための入門講座】・・・17
NPOのマーケティングとは?
 長浜 洋二(株式会社PubliCo(パブリコ) 代表)

【現場は語る。〜コーディネートの現場から】・・・19
長年続けたプログラムの見直し−持続性のある チームづくりに挑む
 宮城 亜矢香(大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター)

【市民活動の暦(こよみ)〜6月、7月にあったこと 】・・・22
40年前……足尾銅山の鉱毒問題で「公害防止協定」締結
60年前……「岡山県森永ミルク中毒の子供を守る会」結成

【この人に】・・・23
 岩附 由香さん(認定NPO法人ACE〈エース〉代表)

【U35】・・・25
「知って終わりにしたくない」14歳、気づきに突き動かされて
 川口 加奈さん( 特定非営利活動法人Homedoor)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】・・・27
「レストラン山の駅」/『無音の叫び声』/書籍紹介

【アートで市民活動−マチ・ヒト・ココロを元気にする Community Art】・・・29
しおさい(神戸市垂水区塩屋町)

2016年4・5月号のご案内

【立ち読みページ(PDF)】です!
【クレジットカードでの購入】はこちらから

【特集】 ・・・1
「やらされ感」から「やりたい」へ
 地域活動の最前線

【東日本大震災・宮城発〜現地から伝える「被災地の今」】・・・10
動く寄せ書き・「記憶の箱」
 岩崎 真実(フリライター)

【ソシオロジックフォーカス〜社会学の視点 で世相を深読み】・・・11
イクメンを探せ
 工藤 保則(龍谷大学社会学部教授)

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】・・・12
最初の寄付者との出会い
 岸本 幸子 (公益財団法人パブリックリソース財団 専務理事・事務局長)


【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】・・・13
「ヤングケアラー」って?

【V時評】・・・15
1.18歳新有権者の皆さんへ ―民主主義って何だろう?
2.自ら「責任」を共有し合える社会へ ―認知症者鉄道事故。最高裁判決が問うもの

【風論×雷論 現代社会のホットイシューを多角的な視点で論じる】・・・17
日本の難民受け入れ政策
 久保山 亮(専修大学兼任講師、立教大学非常勤講師)
 石山 えり(認定NPO法人 難民支援協会 代表理事)


【現場は語る。〜コーディネートの現場から】・・・19
多忙な子育て世代のボランティア参加動機と背中を押す仕組み ―NECワーキングマザーサロンの実践から
 林 理恵(NPO法人 マドレボニータ 理事)

【市民活動の暦(こよみ)〜4月、5月にあったこと 】・・・22
70年前……『思想の科学』創刊
100年前……大阪で「飛田遊郭設置反対運動同盟会」結成

【ウォロ‘sトピック】・・・23
「社会のためになにかをしたい、でも何をしたらいいのかわからない」とまっている人がたくさんいると思います。 ―Learning by Giving Foundation アレックス・バフェット:インタビュー

【この人に】・・・25
 石井 光太さん(ドキュメンタリー作家)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】・・・27
「樂駄屋」/『風の波紋』/書籍紹介

【インド! グローバルレポート〜世界市民社会の動きから】・・・29
インドの市民社会から学ぶべき事
 大橋 正明(日本NPOセンター 副代表理事、聖心女子大学教授)


問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会 市民活動総合情報誌『ウォロ』
〒540-0012 大阪市中央区谷町二丁目2−20 2階
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4903、FAX 06-6809-4902
Eメール:office@osakavol.org

※この事業は、運営経費の一部を「大阪府共同募金会」の助成を受けて実施しています。大阪府共同募金会

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町二丁目2−20 2階
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996,2016 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.