そもそも寄付ってなんだろう?

絶対値基準でも相対値基準でもどちらのパブリックサポートテストでも必要なのが寄付。
ここで寄付についてもう一度考えてみるゾウ!

そもそも、寄付って何でしょうか。
寄付とは一種の贈与的行為であり、別の言い方をすれば、お金によるNPOへの参加の気持ちの表れとも言えるものです。寄付の判断ポイントは、2点。

 1点目は、支出する側に「任意性」がなければなりません。つまり、寄付という名称であっても、強制的にそのお金を徴収するものであってはならず、寄付者の自らの意思と判断でそのお金を拠出していなければなりません。
 2点目は、直接の反対給付がない「非対価性」であることも必要です。寄付者にその寄付に見合う何か特別なサービスや割引適用をするといったことなどがあげられます。会費に関する対価性については、「寄付の疑問Q&AのQ1」をご参照ください)。

 つまり、上記2点の要素を押さえているものが寄付ということになります。寄付は支援的資金の一つですが、呼びかけなければ始まりません。
また、ある目的に向かって集める資金である以上、集めたお金をどのように使うか、きちんと信託されたものに応える社会的責任も生じます。そういった責任もしっかり認識した上で、寄付という財源を得る方策に着手しましょう。

ページの先頭へ