大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

「ボランタリズム研究所」事業

 大阪ボランティア協会は、1965年の発足以来「市民参加」を基調としつつ、市民活動情報紙としての「月刊ボランティア」「ウォロ(Volo)」の発刊のほか、市民活動に関する理論的研究の成果として約100点以上の書籍を編集・発刊してきました。こうした中で、新しい時代に対応するため、これらの機能の中から調査研究機能を特化し、2009年10月に「ボランタリズム研究所」を新たに開設しました。
 当協会の伝統を継承しつつ、個人および組織のボランタリズムの思想・原理に依拠するボランティア活動あるいは市民活動は、21世紀日本社会の平和、民主主義、市民社会のありかたを左右するであろうとの認識に立ち、また、国際的視野からも、日本の市民活動あるいはボランティア活動を支える原理や理念のさらなる追求と、それらの実践的プログラムの開発など理論的科学的な研究を推進します。

ボランタリズム研究所の主な事業内容

(1)研究調査事業

 1. (ボランタリズムの原理の研究)ボランティア活動を含む市民活動の原理、すなわち個人および組織のボランタリズムの研究

 2. (ボランティア活動、NPOの研究)NPO、ボランティア活動などと政治、行政、企業あるいは文化との関係に関する実態的な調査・研究

 3. (ボランタリズムの歴史的研究)日本におけるボランタリズム−宗教、市民運動などに胚胎する市民活動の依って立つところの原理・精神−の歴史的な研究

 4. (ボランティア活動、NPOの開発研究)生起する福祉的・社会的課題に対応する新しいNPO、新しいボランティア活動などの展開に関する実践的・開発的研究

 5.(ボランタリズムの国際的比較研究)ボランタリズムに関する国際比較研究

(2)研究誌などの発刊、上記研究成果の発信などの啓発事業
 市民活動、ボランティア活動の原理・思想に関する研究誌、研究成果図書の発刊、研究発表の場や講演会の開催、ウェブサイトの活用など
ボランタリズム研究第1号ボランタリズム研究(Vol.1) ボランタリズム研究第2号ボランタリズム研究(Vol.2)

ボランタリズム研究第3号ボランタリズム研究(Vol.3)

(3)研究図書・資料の整備
 ボランティア活動、NPOなどの関する文献・資料の整備

市民セクターの次の10年を考える研究会

「市民セクターの次の10年を考える研究会」趣旨(PDF形式:約85KB)

第2幕

第10回「公・共・私のベストミックス 〜ソーシャルワークが切り拓く未来〜」
講師:井手 英策さん<慶應義塾大学 経済学部 教授>
日時:2019年1月12日(土)

第9回「『地域共生社会』実現への道は? 〜住民の「参加」促進はどうあるべきか〜 」
講師:勝部麗子さん<豊中市社会福祉協議会福祉推進室長>、原田正樹さん<日本福祉大学 学長補佐>
日時:2019年1月6日(日)

第8回「ギャンブル依存症者の孤立 」
講師:京都マック、当事者、 家族、滝口直子さん<大谷大学社会学部現代社会学科教授>
日時:2018年10月28日(日)

第7回「ひきこもり者の孤立」
講師:里中和子さん<ほっとタイム(親の会in藤井寺)代表>、荻野達史さん<静岡大学 人文社会科学部 社会学科 教授>
日時:2018年9月24日(月・祝)

「中間振り返りの会」
日時:2017年11月26日(日曜日)

第6回「外国人をめぐる孤立」
講師:村西優季 さん(NGO神戸外国人救援ネット 事務局/WORKMATE 事務局) )、田村太郎 さん(ダイバーシティ研究所 代表理事)
日時:2017年9月2日(土曜日)

第5回「児童虐待をめぐる孤立」
講師:宮口智恵 さん(NPO法人チャイルド・リソース・センター 代表) )、才村純 さん(関西学院大学大学院 人間福祉研究科非常勤講師)
日時:2017年7月23日(日曜日)

第4回「LGBTをめぐる孤立」
講師:近藤由香(コジ) さん(NPO法人 Queer&Women's Resource Center(QWRC(くぉーく)) 共同代表・理事 )、東優子 さん(大阪府立大学教授)
日時:2017年6月4日(日曜日)

第3回「高齢者をめぐる孤立」
講師:藤田孝典 さん(NPO法人 ほっとプラス代表 )、牧里毎治 さん(関西学院大学教授)
日時:2017年4月23日(日曜日)

第2回「障害者をめぐる孤立」
講師:みわよしこ さん(フリーランス・ライター)、吉永純 さん(花園大学教授)
日時:2017年2月11日(土曜日)

第1回「子どもの貧困と孤立」
講師:徳丸ゆきこ さん(大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO/シーパオ)代表)、桜井智恵子 さん(大阪大谷大学教授)
日時:2017年1月22日(日曜日)


第1幕

第10回「皆で語ろう!市民セクターの次の10年 」
振り返りの素材提供:岡本 仁宏さん(ボランタリズム研究所運営委員長・関西学院大学法学部教授)
日時:2016年1月11日(月曜日・祝日)

第9回「ボランティア不要論が招くNPOの危機!? 〜短期的成果主義と市民参加の軽視を問う 」
講師:村上 徹也さん(市民社会コンサルタント)
日時:2015年12月13日(日曜日)

第8回「日本の参加デモクラシーの現状分析」
講師:坂本 治也さん(関西大学法学部教授)
日時:2015年8月1日(土曜日)

第7回「『災間の時代』の市民社会論―東日本大震災とネオリベラリズムの後で」
講師:仁平 典宏 さん(東京大学准教授)
日時:2015年2月21日(土曜日)

第6回「ハイブリッド構造としての「社会的企業」とインフラストラクチャー」
講師:藤井 敦史さん(立教大学教授)
日時:2014年6月8日(日曜日)

第5回「サードセクターの再構築と経営力向上の課題」
講師:後 房雄さん(名古屋大学教授)
日時:2014年2月15日(土曜日)

第4回「市民セクターができること」
講師:湯浅 誠さん(社会活動家)
日時:2014年1月18日(土曜日)

第3回「非営利セクターの課題と展望−公益の認定の経験から」
講師:出口 正之さん(国立民族学博物館教授)
日時:2013年11月2日(土曜日)

第2回「中国を通して日本の市民社会を考える」
講師:李 妍?さん(駒澤大学文学部社会学科准教授)
日時:2013年9月29日(日曜日)

第1回「市民セクターの次なる10年〜ドラッカー・未来の提言を題材に、市民活動の推進の今後のあり方を考える〜」
講師:田中 弥生さん(日本NPO学会会長)
日時:2013年6月15日(土曜日)
※全国民間ボランティア市民活動推進者企画戦略会議と共催

ボランタリズム研究所シンポジウム

ボランタリズム研究(Vol.2)発行記念シンポジウム(開催は終了しました)
 話題の「人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか」の著者である西條剛央さんをお招きし、市民活動の実線と理論を深めます。

歴史の中のボランタリズムを探る『ボランティア・NPO・市民活動年表』を読む会

【日本NPO学会林雄二郎賞】を受賞した『ボランティア・NPO・市民活動年表』(発行:明石書店)の学習を通じ、市民活動の歴史理解を深めます。
14分野の各担当者から話題提供をもらい、@大きな流れ、Aトピックとなる出来事(『年表』の「はじまりのミッション」で取り上げたことがら)などについて学ぶとともに、B研究手法(ノウハウ)などについても学びます。
各回を通じ、@現時点で市民活動の歴史を学ぶ意味、A『年表』の「概観」で取り上げている「ボランタリズムの6類型」などについて学びます。
計11回の「読む会」を開催し、終了しました。
2019年度からは、増補改訂版の制作に着手します。

ボランティア・NPO市民活動年表◎ボランティア・NPO・市民活動年表

リサーチ&アクション・セミナー 市民活動の実践を科学する力をつける

市民活動を行う際には、社会課題を科学的に捉える必要があります。ニーズの背景にある課題を捉え、それを科学的に分析する「社会調査」の手法や視点を学びます。 普段の業務や活動を客観的に捉え、ステークホルダーへの発信力を高めます。

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901(代表) FAX 06-6809-4902
Email:office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996,2013 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.