大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

“裁判員ACT(アクト)”裁判への市民参加を進める会

 社会福祉法人大阪ボランティア協会は、1965年の創設以来、市民参加で問題解決に取り組む自治や協働の精神を大切にしてきました。2009年に始まった裁判員制度についても、司法への市民参加を進めるものとして評価し、よりよい制度になることを願っています。
 裁判員ACTは2009年以来、市民の視点からの学習や実情の検証、政策提言等の活動を続けています。裁判員経験者や元候補者、検察審査員経験者、司法NPOメンバーや弁護士、記者らによる市民ボランティアが事業推進チームに参加しています。

裁判員ACTの活動

【ご案内】最新の活動
 2016年12月3日(土曜日)開催:【学習会】2016公開学習会 私たちは裁判員制度にどう向き合うか〜裁判員経験者たちの思い
 2016年6月22日(日曜日)から開催:連続セミナー&公開学習会  裁判員裁判から見えてくる社会的孤立とその課題

裁判員交流会
 裁判員を務めた人が安心して話ができる。これから裁判員になるかもしれない市民が経験を聞くことができる場として開催しています。弁護士が同席して守秘義務し、必要な場合は専門的な解説をしながら進行します。詳しくはお問い合わせください。

裁判員ノートのキャンペーン
 裁判員になったあなたに、心にとめてほしい7つのことをまとめています。
 ・ダウンロード版はA4判1ページ。(PDF形式:約1750KB)
 ・YouTube版はこちら。(動画約3分)  
 ・解説はこちら。(PDF形式:約110KB)

市民参加で裁判員制度をより良くするための提言書
 2012年、市民参加の視点から裁判員制度の改善を求める7項目の提言をまとめました。
 提言書(PDF形式)はこちら。
 YouTube版はこちら

これまでの主な活動(各イベントの内容はリンク先のブログをご覧ください)
・2015年11月28日開催:みんなで考えよう裁判員制度
・2015年9月26日開催:科学捜査とは
・2015年4月15日開催:裁判官出張説明会その1/裁判官出張説明会その2
・2015年2月7日開催:裁判員裁判と障害者の問題
・2014年12月6日開催:みんなで考えよう裁判員制度
・2014年10月4日開催:裁判員交流会
・2014年8月2日開催:裁判員交流会
・2014年4月5日開催:裁判員交流会
・2014年2月1日開催:裁判員交流会
・2013年12月1日開催:みんなで考えよう 裁判員制度
・2012年11月24日開催:みんなで考えよう 裁判員制度
・2012年4月8日開催:裁判員交流会〜集まれ、経験者〜
・2011年9月17日開催:裁判への市民参加を実質化する筋道を描く
・2011年6月17日:制度施行2周年を期に、市民の立場から運用等の改善を望む点を要望書にまとめ、最高裁判所・大阪地方裁判所・大阪地方裁判所裁判所委員会に提出しました。
 ・裁判員ACTの要望書(PDF形式:約140KB)
 ・最高裁判所の回答(PDF形式:約40KB)
 ・大阪地方裁判所の回答とACTの見解(PDF形式:約210KB)
・2010年12月19日開催:市民が創る!裁判員制度☆国会議員徹底討論会
主要政党で法務を担当する国会議員をゲストに迎えて、市民参加で裁判員制度を語りあう討論会を開催します。今後の制度改善の方向性について、大いに議論しました。
・2010年6月:参議院選挙候補者へのアンケート実施(上にリンク)
・2010年2月27日開催:「これでいいのか?裁判員裁判〜弁護人が本音で語る内幕〜」
・2009年10月18日開催:連続学習会 もしも裁判員に選ばれたら2「市民参加で裁判はどう変わる?」
・2009年9月27日開催:連続学習会 もしも裁判員に選ばれたら1「裁判員制度ことはじめ」
その他、他団体主催のプログラムへの企画協力や講師派遣、裁判員経験者の聞き取りなどを行っています。内容はブログをご参照ください。

ラジオ番組「裁判員さしすせそ」(毎月第4土曜日21時〜21時30分、翌月第1土曜日再放送)
裁判員ACTは、2011年5月より2012年3月まで、神戸市長田区にあるコミュニティラジオ放送局「FMわぃわぃ(77.8MHZ)」で、裁判員制度や司法参加をテーマにしたラジオ番組に取り組みました(インターネット放送で日本全国どこからでも聴けます)。
・2012年3月収録の「検察官が語る裁判員裁判」ブログはこちら

放送日 放送内容 「♪」または「♯」を
クリックして聞いてください。
2011年5月28日 司法の市民参加の意味
2011年6月25日 刑事裁判の役割〜刑事裁判は人を裁くのか、そのルールと役割〜
2011年7月23日 裁判員って何を、どこまでするの?
2011年8月27日 障害者の司法参加
2011年9月24日 裁判員経験者が語る
2011年10月22日 裁判員ノートのキャンペーンについて
2011年11月26日 メディアから見た裁判員裁判
2011年12月24日 元裁判官から見た裁判員裁判
2012年1月28日 裁判員経験者が語るpart2
2012年2月24日 韓国から見た裁判員裁判
2012年3月24日 検察官から見た裁判員裁判

FMわぃわぃのホームページ
 ご意見やご感想はこちらへ。
 (宛先:office@osakavol.org

裁判員経験者たちの声

主要政党及び参議院選挙候補予定者への裁判員制度アンケート

“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会では、2010年7月の参議院議員選挙前に、主要政党および主要政党公認の立候補予定者(東京、大阪など高等裁判所所在地の都道府県を対象)に「裁判員制度についてのアンケート」を実施しました。回収率は約6割でした。

アンケートの結果、
・7割が「制度は見直すべき」と回答
・ほぼ全員が「裁判員裁判は市民感覚を反映している」と回答
・半数が「守秘義務」を問題視
・3分の2が「評議の多数決」を問題視
・9割が「制度見直しに経験者の声を」と回答
といったことがわかりました。

アンケートの報告書は、アンケート対象者(政党および候補予定者)全員にフィードバックし、裁判所、検察庁など関係機関にも送付しました

「裁判員制度についてのアンケート報告書」(2010年6月)(PDF形式:約400KB)

リンク

事務局

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 “裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

Copyright 1996,2013 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.