大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンク・政策提言について知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

多文化共生事業

 グローバリズムの進展にともない、日本にも多くの外国出身の人々が増えていますが、地域社会では受け入れる体制が十分ではありません。在住外国人の中には、日本社会との日常生活のつながりが乏しく、多様なニーズが潜在化していると思われますが、公的な制度や支援情報はあるにもかかわらず、必要な当人には届いていない現状もあります。
 こうした課題に対応し、外国籍市民や外国にルーツを持つ人々も共に暮らしやすい地域社会を作るためには、様々な組織や機関が分野を超えてつながり、連携することが大切です。そこで、協会の強みであるコーディネーション力を生かして、2010年度から、多文化共生を推進するためのさまざまな事業に取り組んでいます。
※大阪ボランティア協会では多文化共生社会を「外国籍を持つ人、もしくは外国にルーツを持つ人と共生する社会」と考えています。

『日本語で つたえる コツ』キャンペーン

多文化子育て支援ガイドブック『日本語で つたえる コツ』WEB版
日本語で伝えるコツ 「多文化子育て支援ガイドブック『日本語で つたえる コツ』」(2013年9月30日発行)は、保健福祉センターの母子保健窓口、幼稚園、保育園(所)、地域の子育てサロンなど、子育て支援の現場で活躍しておられる方々に、外国人親子との間でより良いコミュニケーションが生まれるヒントにしていただくためのツールです。
 より多くの方にご覧いただきたく、PDFデータをダウンロードできるようにいたしました。どうぞ、ご活用ください。

※当ガイドブックは、公益財団法人三菱財団の助成を受け作成しました。


あなたの職場やグループで、『日本語でつたえるコツ』ワークショップを開催してみませんか?
ワークショップ 「多文化子育て支援ガイドブック『日本語で つたえる コツ』」を読むだけでは分からない“つたえるコツ”を体験する『日本語で つたえる コツ』ワークショップを開催しています。
 あなたの職場やグループで、ワークショップ「日本語で つたえる コツ」の開催をご検討いただける場合は、ご予算に応じて企画のご相談にのらせていただきますので、お気軽にご相談ください。

※2015年6月21日(日)に大阪ボランティア協会主催ワークショップを開催。 ★参加者募集中!

ボランティア活動に参加しよう

ボランティア活動(かつどう)をしたい外国人(がいこくじん)のあなたへ
 「日本語(にほんご)があまりうまく話(はな)せないけれど、ボランティアしたい」という外国人(がいこくじん)の相談(そうだん)にのります。こどもと遊(あそ)ぶボランティアや、病院(びょういん)や老人(ろうじん)ホームでのボランティア、クリーンハイクのボランティアなどがあります。
 あなたにできるボランティア活動(かつどう)を、一緒(いっしょ)に探(さが)しましょう。ボランティアしたい人(ひと)は、電話(でんわ)かメールをください。

外国人と関わるボランティア活動をしたいあなたへ

事例1
地域日本語教室での活動
地域の日本語教室でのボランティア活動は、「日本語を教える」のではなく、わかりやすい日本語で会話を楽しみながら、日本の生活に必要な言葉を伝える活動です。
大阪ボランティア協会「ボランティアスタイル」
 V025「外国の人と“日本語で”コミュニケーション!」
 (火曜日夜・不定期開催)
おおさか識字・日本語センターで、各教室を検索できます。
事例2
地域の国際交流協会での活動
地域の国際交流協会にご相談ください。
事例3
国際協力団体での活動
関西NGO協議会にご相談ください。

これまでの主な活動 (過去の事業レポートはリンク先をご覧ください)

在住外国人の支援をしている団体の対応状況調査(2011年度実施、以降は随時更新)
在住外国人の支援をしている団体に訪問・電話ヒアリングを行い、支援の状況を明らかにするとともに、その結果を問合せや相談を受けたときに提供できる情報として活用しています。

地域との協働による「多文化子育てお話しサロン・日本語サロン」(2011年度〜2013年度)
お話しサロン 言葉や文化の違いなどのため、孤立しがちな外国人親の子育てを支援するため、地域の関係者と協働して、子育てに役立つ情報を提供したり、子どもと触れ合う遊びをしたり、親同士がほっとできる居場所をつくり、地域に根差して暮らす一助となるよう取り組みました。
 多文化子育てサロンの運営は、2011年6月から2013年12月開催分まで、協会の「多文化子育サロンワーキングチーム」が主体となり、大阪市コミュニティ協会福島区支部協議会、福島区役所子育て支援室、福島区図書館、福島区保健福祉センター、地域の日本人ママとの協働で開催してきましたが、現在は事業を終了しています。なお、2014年1月以降は、大阪市コミュニティ協会福島区支部協議会が主体となって、月1回、サロンを継続しています。

⇒過去の事業レポート


「多文化カフェ」(2010年度〜2012年度)
多文化カフェ 地域の在住外国人の人たちと、生活や考え方について語り合い、多文化共生の土壌を育てる場としてスタートしました。さまざまな国の出身の方が集まり、身近な話題でお茶を飲みながら、ざっくばらんにおしゃべりする場になるよう、2年間で全8回開催しました。
 多文化カフェの企画運営は、2010年6月から2012年7月開催分まで、協会の「多文化共生推進チーム『カクテル』」が取り組みましたが、現在は事業を終了しています。

【過去の事業レポート】

開催回 内容 開催日
第8回 「日本での暮らし〜アフガニスタンから亡命したゲストを迎えて」 2012年7月22日開催
第7回 「お花見に行きませんか?」 2012年4月1日開催
第6回 「お正月の迎え方あれこれ〜あなたの国のお正月の過ごしかたは?」 2012年1月29日開催
第5回 「マナー、うマナろ!〜違いを超えて共に生きよう〜」 2011年11月13日開催
第4回 「服?服!服にまつわるあれこれおしゃべりしよう!」 2011年9月18日開催
第3回 「日本に来て、こんなことで笑った!泣いた!〜「日本語学習」にまつわる在住外国人による本音トーク」 2011年7月3日開催
第2回 「韓国と日本、何が違う、何が同じ?〜柚子茶を飲みながら」 2010年12月12日開催
第1回 「日本とインド2つの国で生きる女性と語る多文化・異文化〜チャイを飲みながら」 2010年6月27日開催

「多文化共生連続学習会」(2010年度〜2011年度実施)
 地域日本語教室などですでに活動している方などを対象に、もう一歩多文化共生についての知識を深めるための学習会を開催しました。「在留資格」「労働」「医療」「地域日本語教室」「子どもの教育、母語・学習支援」「高齢化の問題」など在住外国人の方々が直面する問題をテーマとして、それぞれの専門家を講師に招き、2年間で全8回開催しました。
 多文化共生連続学習会の企画運営は、協会の「多文化共生事業委員会」が取り組みましたが、現在は事業を終了しています。

【過去の事業レポート】

開催回 内容 開催日
2011年度
第4回
「中国帰国者とその家族を取り巻く高齢化の問題」
講師:斎藤裕子さん(にほんごサポートひまわり会)
2012年1月22日開催
2011年度
第3回
「外国にルーツを持つ子どもの母語・学習支援」
講師:清田淳子さん(立命館大学)
2011年12月4日開催
2011年度
第2回
「外国人を取り巻く医療と言葉の問題」
講師:埋橋淑子さん(みのお外国人医療サポートネット)
2011年11月6日開催
2011年度
第1回
「在留資格など制度と政策の問題」
講師:中野辰宏さん(中野国際法律総合事務所)
2011年10月30日開催
2010年度
第4回
「地域日本語−地域日本語をめぐる現状と課題」
講師:新矢麻紀子さん(大阪産業大学)
2010年12月7日開催
2010年度
第3回
「医療−医療現場で起こっている問題や支援の在り方」
講師:庵原典子さん(AMDA関西医療情報センター)
2010年10月25日開催
2010年度
第2回
「労働−外国人労働者を取り巻く問題について、最近の傾向やその背景」
講師:早崎直美さん(RINK)
2010年10月1日開催
2010年度
第1回
「子どもの教育−公立小中学校における外国人の児童生徒の教育」
講師:臼井智美さん(大阪教育大学)
2010年8月25日開催

ご相談・お問い合わせ

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 多文化共生事業(担当:永井)

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996,2014 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.