大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

解決を見つけてみると 『今抱えている問題が楽になる』
ボランティアコーディネーターのための
ソリューションビルディングアプローチ 入門

コミュニケーションが苦手など、精神障害のある(その可能性のある)人から、社会参加のきっかけにボランティア活動をしたいという相談がボランティアセンター等に寄せられることが増えています。また、施設や団体などの活動先でも、対応に戸惑っているケースが多くあります。
そのような時に、ボランティアコーディネーターは、どう対応しているでしょうか。
ソリューションビルディングアプローチは、問題の原因を探るのではなく、まず「解決した時」のことを考えてアプローチしていく方法です。日々のボランティアコーディネーションにこの方法を生かすことで、精神障害のある(その可能性のある)人をどのように受けとめ、どのように対応すれば共にボランティア活動に参加しやすくなるのか、講義を通じて考えます。

内容

●第1部:基礎編 ボランティア活動希望者が最初に来られた時に必要な、対人援助技術の基礎からアプローチの導入部分までを学ぶ。

●第2部:応用編 長く活動しているボランティアや、何度か相談に来られている場合など、活動者とじっくりと向き合って、関わるアプローチを学ぶ。

日時

2020年2月8日(土)
●第1部 13時30分〜15時30分
●第2部 15時45分〜17時45分

会場

大阪ボランティア協会事務所 市民活動スクエア「CANVAS谷町」(大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F)
●地下鉄谷町線「天満橋」または「谷町4丁目」駅より徒歩4分
●京阪「天満橋」駅より徒歩8分

講師

村上 貴栄 さん (関西医科大学総合医療センター精神科デイケア室ソーシャルワーカー・精神保健福祉士)
一般社団法人大阪精神保健福祉士協会研修担当理事。
大学や専門学校で非常勤講師を行っている。また精神障害啓発落語講演として精神障害啓発落語家「またき亭いっぱい」氏と一緒に全国各地で精神障害の啓発講演を行っている。

対象

ボランティア参加したい障害当事者と関わる人
実際に障害当事者を受け入れて、困ったことがある人 など
・ボランティアグループの人
・中間支援組織のコーディネーター
・所属団体に障害当事者のボランティアがいる人

参加費

無料

定員

各回30人(先着順)

インクルーシブボランティア研究会とは

共生社会実現に向けて、誰もがボランティア活動に参加しやすくなるための要素や条件を明らかにし、環境の基礎的な整備を目指しています。またその成果を、公開研修会や学会などで発信しています。
研究会の詳細はこちら

申込方法

問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会【担当:椋木(むくのき)】
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 大手前類第一ビル2階 市民活動スクエア CANVAS谷町
電話:06-6809-4901(代表)、ファックス:06-6809-4902
Eメール:office@osakavol.org

※本事業は、大阪市福祉ボランティアコーディネーション事業(委託事業)として実施しています。

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会


〒540-0012 大阪市中央区谷町二丁目2-20 大手前類第一ビル2階
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901(代表) FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

 

Copyright 1996,2010 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.