大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

 タケダ・NPOサポートプログラムフォーラム
ファンドレイジングの実際とこれから
〜NPOの人の参加とお金の参加のいい関係〜

大阪ボランティア協会は、2015年からNPOの組織基盤強化につながるファンドレイジング力(人の参加・お金の参加)にフォーカスした「タケダ・NPOサポートプログラム(武田薬品工業株式会社)」に取り組んでいます。本プログラムはファンドレイジング力を強化することをテーマとし、関西を拠点とする4つのNPO団体を大阪ボランティア協会が伴走する形で行っています。今回のフォーラムでは、プログラムの成果および実例をもとに、ファンドレイジングの実際とこれからについて考えます。

チラシはこちら

日時

2020年1月30日(木)14時〜17時(13時30分開場)

会場

ドーンセンター 特別会議室(大阪市中央区大手前1丁目3番49号)

対象

中間支援団体、NPO、その他ファンドレイジングに関心のある団体

定員

50人(先着順)

参加費

無料

事例

ボランティアリーダーの育成、研修プログラム
苦悩を乗り越えるヒント es-Hintコンテンツへの誘導によるドネイト促進事業
幸せを願う貯金箱
病気や障害を抱えるこどもたちを支援するライターボランティア育成

プログラム(予定)

14時00分〜【開会挨拶、主旨説明】
14時10分〜【話題提供】「タケダ・NPOサポートプログラム」について
14時20分〜【各団体からの報告】取り組みの紹介と課題と展望
15時20分〜 休憩
15時30分〜 全体質疑応答
16時20分〜
【パネルディスカッション】「ファンドレイジングのこれから」
パネリスト:安道照子さん(NPO法人エスビューロー 代表理事)
      水谷綾さん(公益社団法人こどものホスピスプロジェクト ゼネラルマネージャー)
      清田悠代さん(NPO法人しぶたね 理事長)
      熊谷恵利子さん(認定NPO法人日本クリニクラウン協会 事務局長)
      吹田博史さん(武田薬品工業株式会社CCPACSR企業市民活動・寄付担当部長)
モデレーター:梅田純平(社会福祉法人大阪ボランティア協会 主任)
17時00分 終了

登壇NPOのご紹介

NPO法人 エスビューロー
エスビューローは、2000年にわが子を亡くした家族と大阪大学のドクターが設立した小児がん患児・家族を支援するNPO法人です。2008年からは「小児がん・脳腫瘍全国大会」を毎年開催し、最新医療情報の提供をはじめ、心理社会的支援および特別支援教育の専門家、脳科学者、哲学者、AIの研究者など幅広く講師を招き、喪失家族や患児のきょうだいも対象として「小児がんという人生の苦難」を乗り越えるために役立つと思われる講座やイベントを実施しています。
公益社団法人 こどものホスピスプロジェクト
こどものホスピスプロジェクトは、生命を脅かす病気(LTC)の子どもたちの生きるを支える「子どもホスピス」の活動を進めています。2016年春、LTCの子どもとその家族の第2のわが家である「TSURUMIこどもホスピス」(大阪市鶴見区)をオープンし、この秋(2019年9月2日)公益社団法人となりました。病院や在宅機関と連携しながら、家庭的なかかわりの中で、切れ目のない小児緩和ケアを行なっています。
NPO法人 しぶたね
しぶたねは2003年に設立し、2016年にNPO法人となりました。病気をもつ子どものきょうだいが主役になり、仲間と出会い、安心の中で過ごす「きょうだいさんの日」を、小学生向け、親子向け、中学生以上向け、出前などのかたちで実施。2006年から大阪市立総合医療センターで入院児に面会する保護者を廊下で待つきょうだいと過ごす活動を行う他、講演や啓発活動、きょうだい(シブリング)の応援団を増やし広げるための「シブリングサポーター研修ワークショップ」を全国各地で開催しています。
認定NPO法人 日本クリニクラウン協会
日本クリニクラウン協会は、クリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し、入院している子どもたちが子ども本来の生きるチカラを取り戻し、笑顔になれる環境を創るために2005年から活動しています。病気の治療のためにさまざまな制限の中で入院生活を過ごすこどもたちが、病気のことを一瞬でも忘れてこどもらしく過ごせる「こども時間」を届け、家族や医療スタッフと協力し療養環境の向上を目指しています。

申込方法

主催

社会福祉法人大阪ボランティア協会

協力

武田薬品工業株式会社

問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会 担当:梅田
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
電話:06-6809-4901 ファックス:06-6809-4902
Eメール:office@osakavol.org

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

Copyright 1996,2013 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.