大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

 「市民活動のための『法人格』研究」セミナー
~法人格に関する相談対応力あげよう!~
<2021年度「ウォロNo.536:2021年4・5月号」特集連動企画>

 特定非営利活動法人(NPO法人)が漸減する一方、一般社団法人 が増加し続けています。そんな中、2020年12月、NPO法が改正され、縦 覧期間が1か月から2週間に半減。所轄庁への報告書類を削減、役員名簿などで住所を 公表対象から除外することも決まり、2021年6月9日から施行されます。
 また、同じく2020年12月に労働者協同組合法(ワーカーズ法 )も成立し、2年以内に施行されます。
 そこで、市民活動総合情報誌「ウォロ」2021年4・5月号では 特集「市民活動のための『法人格』研究」を掲載。特集を読み解きながら、法人格 の違いなどについて学び、NPO支援センターの相談対応力をあげることを 目的に、本セミナーを開催します。
※市民活動総合情報誌「ウォロ」2021年4・5月号をテキストにします。

本事業は、NHK歳末たすけあい配分金事業として実施しています。

日時

2021年6月4日(金)10時00分~11時45分
※15分前からオンラインルームを開設します。
※終了後15分間限定で、質問や参加者同士の交流ができる「放課後ルーム」を開設します。ぜひご参加ください。

内容

ウォロ4・5月号に掲載された特集「市民活動のための『法人格』研究」を元に
「法人格を持つと何がどうなる?」
「NPO法人、一般法人は、なぜできたのか?」
「市民活動支援センターは相談対応できるのか?」
「法人格によって助成金申請に差はあるか?」
「結局、どの法人格を選べばよいのか?」等について
話題提供者より特集を解説、課題や考察を学び、特にNPOを支援するセンターのスタッフの相談対応力アップを目的の内容となります。

スケジュール

10時00分~10時05分:挨拶、趣旨説明
10時05分~11時00分:【話題提供】特集解説
11時00分~11時10分:休憩
11時10分~11時30分:【話題提供】労働者協同組合法について
11時30分~11時45分:質問、事務連絡等
11時45分~12時00分:放課後タイム

参加方法

オンライン(オンライン会議システムZoomにて実施)
※各自、インターネットにつながるパソコン(推奨)やタブレット端末などを用意してください。
※参加申し込みの方には、開催前日までにZoomのURLをメールで送付します。

対象

NPOの設立・運営の相談対応をする方
NPO支援センタースタッフなど

参加費

〈銀行振込みの方〉
2,000円(ウォロ4・5月号付)
1,500円(ウォロ4・5月号をすでにお持ちの方)
※振込手数料はご負担ください。
〈クレジット、コンビニ払いの方〉
2,200円(ウォロ付き)
1,700円(ウォロをすでにお持ちの方)
※クレジット、コンビニ払いの方は手数料が込み(Peatix利用)になります。

定員

50人(先着順)

話題提供

○早瀬 昇(大阪ボランティア協会 理事長)
早瀬昇 1955年、大阪府生まれ。大学で電子工学科を専攻するも、交通遺児家族支援、地下鉄のバリアフリー化、市民活動情報誌の編集などの活動に次々に参加。大学卒業後、フランス、ベルギーの障害者グループホームでケアワーカーを経験した後、1978年に大阪ボランティア協会に就職。91年から2010年まで事務局長。「市民の参加の力」で社会問題を自治的に解決する環境整備をライフワークとし、現在、日本ファンドレイジング協会副代表理事、日本ボランティアコーディネーター協会副代表理事なども務める。著書に『「参加の力」が創る共生社会−市民の共感・主体性をどう醸成するか』『寝ても覚めても市民活動論』など。大の阪神タイガースファン。赤ワイン党。本特集チームの編集者です。


○田代 明さん(日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会 センター事業団 関西事業本部 副本部長 及び大阪エリアマネージャー)
田代明さん 1955年京都市生まれ。趣味の電気・電子工作が高じて、大学卒業後の一時期、臨床用分析機器の技術員になりましたが、学生時代の仲間など誘われて協同組合や労働者・市民の学習教育団体の仕事に従事。2002年日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団に入職。以降、関西事業本部、東京中央事業本部、中四国事業本部、東京南部事業本部、神奈川事業本部で事務局長や副本部長などをつとめました。一時期、労協新聞編集部の記者になり、ワーカーズコープを学ぶ上でこの上ない喜びを感じましたが、半年で他の部署に異動になり、ちょっと残念でした。もうすぐ定年なので、比較的自由の身になって、どのように協同労働や市民活動をすすめる皆さんと関わっていくのか、ワクワクしながら構想を練っています。趣味は、二宮尊徳の研究。

申込方法

銀行振込をご希望の方の申込フォーム(フォームズ)はこちら
クレジット決裁をご希望の方の申込フォーム(Peatix)はこちら
※当日までに、Zoom の URL とパスワードをお送りします。

締切

2021年6月2日(水)

主催・問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会 担当:梅田・市居
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
電話:06-6809-4901 ファックス:06-6809-4902
Eメール:office@osakavol.org

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org

お問い合わせ 地図

Copyright 1996 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.