大阪ボランティア協会は、ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPOです。

English | サイトマップ | 地図(アクセス)

大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
メインメニュー

ボランティア活動をしたい
相談・募集したい

団体設立・運営など、NPOについて相談したい

ボランティア・NPOをサポートするための情報が知りたい

講師を派遣してほしい
研修企画を相談したい

講座・研修・サロンに参加
したい

企業市民活動・社会貢献や
CSRについて相談したい

書籍や情報誌について
知りたい

調査・研究・シンクタンクについて知りたい

協会について知りたい
支援したい
参加したい

まちなか被災シミュレーション
〜大阪谷町・大地震発生!!みんなでどう助かるか?〜

大阪・谷町。大阪の官庁街周辺のあるビルにいたところ、大地震が発生。たまたまこのビルを訪れた人、土地勘があまり無い人。障がいによって移動や情報収集に困難がある人。その場にいる多様な人たちと一緒に避難して助かることはできるだろうか。

※まちなか被災シミュレーションとは? たまたま訪れたまちで災害に遭ったら。そして、まちには障害がある人、高齢者、子ども連れ、日本語が母語ではない人等、いろんな事情がある人があなたの周りにいます。あなたも初めて来たまちだからこそ土地勘もありません。
そのような状況下でもみんなで生き残るために、災害発生後に1時間でどのような 行動が取れるのか・・場合によっては生命の危機や絶望感を感じることもありますが。
まちなか被災シミュレーションは避難訓練ではありません。生きづらさやそれぞれの事情をフラットに考えるきっかけをより顕著となる災害時を 想定しています。まちなか被災シミュレーションを通じて<他者目線でまちを見直す>ことで日頃からまちやひとに対して、少しでも発想が豊かになればと考えています。

チラシはこちら

日時

2018年12月12日(水)13時00分から16時00分(受付12時45分から)

場所

大阪ボランティア協会 市民活動スクエア「CANVAS谷町」(大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F)

定員

30人

参加費

無料

運営協力

スーパーユニット「アロハーズ」のみなさん
2011年より「生きづらさの顕在化」をテーマに多様な障がい当事者 や様々な活動から集まったメンバーによるユニット。活動分野や所属に 縛られない個人の集まりです。メンバーは基本的にアロハを着て活動しています。



申込方法

下記内容を明記の上、「office@osakavol.org」まで送信ください。
メールの件名は「まちなか被災申込」でお願いします。
@お名前(ふりがな):参加される方全員 A年齢:参加される方全員
B電話番号(代表者の方)Cメールアドレス(代表者の方)
Dご住所(代表者の方)E備考(事前に伝えておきたいことがあればお書きください)

問合せ

社会福祉法人大阪ボランティア協会(担当:林)
 〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
 TEL:06-6809-4901
 FAX:06-6809-4902
 MAIL:office@osakavol.org
 http://www.osakavol.org/

※本講座は、大阪市福祉ボランティアコーディネーション事業(委託事業)です。

↑ページの先頭へ

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
email: office@osakavol.org



【開館時間】10〜21時(火〜土曜)、10〜18時(日・月曜、祝日)
【閉館日】第1日曜、ハッピーマンデーである祝日、GW(5/3-5)、
     お盆(8/13-16)、年末年始(12/28-1/4)
     ※主催事業などにより臨時閉館することもございます。

正当なCSSです!Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright 1996,2018 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.